コンサルティングファームに中途入社してクビになる人の3つの特徴

コンサルティングファームに中途で入社する場合に、気になることの一つがクビになるリスクだと思います。

積極的にファーム側からクビ切りをする会社が多い訳ではありませんが、それでもどこのファームでも、中途入社者が試用期間中に本採用に至らないことはあると思います。

私が見たり、フォローした中途入社者の中で、本採用に至らなかった方には、以下に記載する3つの特徴がありました。

レベルの低い話だと思うかもしれませんが、コンサルティングファームへの中途入社を検討される際は、ぜひ参考にしてみてください。

①コンサルティング業務に対する知識がない

中途採用で使用期間中にNGとなる方と接すると、コンサルティングワークに関する知識が非常に少ない印象を受けます。

クライアントに最大限の価値を提供するために1分1秒を無駄にせず動き、自分のコンフォートゾーンの外に出て行動する、というプロフェッショナリズムへのコミットメントが低い。

Up or Outを受け入れ、いつでもクビを切られる可能性があり、常に緊張感をもって働くことが求め有れていることを理解していない。

このような方がたまに居て、コンサルティングという特殊な世界で新しいスキルを身に着けようという意識が低く、キャッチアップに苦しむことになります。

(入社するときの覚悟やコミットメントを確認できていないファームの面接官の問題もあるかもしれませんが)

今時はネットや書籍でコンサルティングファームの労働環境や求められる職業倫理の実態を簡単に知ることができるので、入社前に入念に調査し、理解しておくのが良いと思います。

②相談するテンポが遅い

仕事ができない人、特にキャッチアップが遅い人の最大の特徴は、とにかく相談のテンポが遅いという点です。

コンサルティングの仕事やプロジェクトベース(しかも、複雑な事象を3か月等で取り扱う)場合の動き方は、事業会社に居てイメージできるものではありません。

これは、最初は先輩や上司に聞かないとわからないことがたくさんある、ということを意味します。

めんどくさがられようが、恥をかこうが聞かないと仕事が進まないので、聞きに
”いくしかないのです。

しかし、なぜか、この”分からないことを聞く”という行為に異常に心理的な抵抗がある人がいます

プライドなのか、人見知りなのか分かりませんが、コンサルタントとして働くうえで悪癖でしかないので、すぐに修正する必要があります。

③フィードバックされたことをすぐに修正できない

フィードバックされたことすぐに修正できない”。これが、試用期間中にクビを切られる(本採用されない)ことの最大の要因だと思います。

基本的に、試用期間中にパフォームしないと認識された場合、様々なステークホルダーからアラートとインプットが入ることになります。

それは、プロジェクトの上位者であったり、カウンセラーの場合もあります。

これらインプットを適切に、愚直に実行すれば、このクビきりリスト状態から抜け出すことができます。

多くの場合、試用期間中は能力の絶対値ではなく、能力の成長速度とその加速度が注意深く観察されているからです。

もしかしたら、本人は”やっている”つもりでも、そのレベル感が回りから見ると弱くて改善している様に見えない場合もあるかもしれません。

その様な残念な事象を防ぐために、”フィードバックされた内容はオーバーに改善する”ことをおすすめします。

例えば、”喋らなさ過ぎて怒られた”としたら、次は”喋りすぎて怒られる”くらいに振り切って改善するのです。

私はこれまで、この”注意したことを改善できない”という理由がクリティカルな要因となり試用期間中に本採用が不可となった方を複数名みました。


人の成長はそれが環境からのものであれ、他人からのものであれ、フィードバックを受けて、それを改善するという方法が王道です。

ファームに入ったら、ぜひフィードバックを積極的に受け、改善を進めてください。

クビにならないためにも、コンサルタントになってから役に立つ書籍を紹介しています。

コメント